大森屋×武庫川女子大学 食物栄養学科コラボ企画 海苔レシピコンテスト 結果発表

話題のあて海苔CMはコチラ

最優秀賞 佐藤 加織さん(1年)

調味料を使っていないが、海苔の味がついており、 お好みでマヨネーズやドレッシングなど、それぞれの好みに合わせることができる!肉を二重にしていることで、ボリューム感もあり、野菜も食べれて満足できる!夕食だけではなく、お酒のあてにも!

使用海苔はコチラ

最優秀賞はこちら

優秀賞 松原 奈美さん

海苔とデザートの意外な組み合わせが新しいと思います。柑橘系のさっぱりした甘みと、餡の相性が良く、みかんや他のフルーツでも挑戦したくなる一品です。

使用海苔はコチラ

優秀賞はこちら

準優秀賞 武澤 翔賀さん 宗本 侑子さん 藤田 麻衣さん 西口 郁帆さん

カニカマやえだ豆を入れることにより、見た目が鮮やかになり、食感のアクセントにもなります。 アボカドとマヨネーズベースのソースに、わさびしょうゆを加えることで、ビーフジャーキーの海苔をきわだたせ、海苔のうまみが感じられます。

使用海苔はコチラ

準優秀賞はこちら

特別賞 岩本 文香さん(4年)

簡単に海苔のおやつが作りたい時に役立ちます!牛乳が飲めない子もチーズでカルシウム補給♪子供のおやつやパーティなどで簡単に作れ、自宅でのお酒のあてに一工夫したものとして最適です。

使用海苔はコチラ

特別賞はこちら

特別賞 中野 藍さん(4年)

のりで巻いていることで、手が汚れず、中のチーズが外に出てくる心配もありません!子供のおやつ、朝ごはんにピッタリ! オーブントースターで焼くので中のチーズがとろーりおいしい!

使用海苔はコチラ

特別賞はこちら

株式会社大森屋×武庫川女子大学コラボレシピ開発コンテストの軌跡

日本でも有数の管理栄養士を輩出している武庫川女子大学と、 海苔メーカーである大森屋が、この度食卓の脇役として普段あまり目立たない海苔の新たな可能性と、 海苔の良さをさらに引き出したレシピ開発に挑戦致しました。
学生は企業と共同開発の経験がしたい!大森屋は学生の柔軟な発想を商品開発で活かしたい。今まであまり注目することのない海苔だからこそ、 大学生の柔軟な発想で新たな可能性を見出していただきたい。 それが大森屋としての要望でした。
また、学生にとっても今回の企画は、何事からも斬新なモノを生み出せる、 チャレンジ精神・思考能力・実行力の成長機会となります。 当該企画を通して、学生に学んでいただければと考えています。 その上で、「今までにない発想で、今までにない製法」から生まれた”あて海苔”と、 ブームとなり、多くのレシピが出ている、”おにぎらずの全形焼海苔”を 使用したレシピ開発コンテストを開催することになりました。

株式会社大森屋×武庫川女子大学コラボレシピ開発コンテストの軌跡

1年生〜3年生の学生から応募総数約50!! 今回、期間が限られていた中、多くのご応募を頂きました。 武庫川女子大学の学生の皆様は大変意欲があり、 考えに考えぬいた、様々な斬新なレシピを開発していただきました。 今までの既成概念を取り払ったアイデアは、 どれも優劣つけがたいものでございましたが、 15レシピにまで絞らせて頂き、最終審査を行います。

株式会社大森屋×武庫川女子大学コラボレシピ開発コンテストの軌跡

学生A:海苔のレシピと聞いて、海苔のイメージを変えたいと思いました。脇役としてでなくメインとなるものとして海苔を活かせないか、冷蔵庫にあるもので簡単にだれでも出来るものを作ろうと、5品位サンプルを作って、コンテストに応募するものを選びました。 せっかく武庫川女子大に入って栄養の勉強をしているので、栄養学を活かせる“レシピ“で皆が喜んでくれるモノを作ります!是非コンテストでは最優秀賞を狙います!

開会式の様子。真剣な表情で学生の皆様は話を聞いて下さいました。やる気が伝わってきます!

楽しく、でも真剣に調理に挑む学生の皆さん、大森屋社員の問いかけにも大変元気よく答えてくれました。

どれも優劣の付けがたい出来栄えで、審査員の皆さんは大変悩みました。

ドキドキの結果発表!!誰が選ばれるのか!?皆さんモニターに釘付けです。

賞状を授与。入賞した子は大変嬉しそうな表情を浮かべていました。弊社としてもこの様に喜んで頂き、大変嬉しく感じます。

最後に皆さんで記念撮影をしました。非常に多くの方にご協力頂き今回のコンテストが開催出来ましたこと、この場を借り、改めて感謝申し上げます。

株式会社大森屋×武庫川女子大学コラボレシピ開発コンテストの軌跡

・豚肉(しゃぶしゃぶ用) 6枚
・アスパラガス 2本
・塩 ひとつまみ
・あて海苔あさりバター 6〜12枚
・酒 大さじ2〜3
・オリーブオイル 適量

Q1、なぜこのレシピを考えましたか?
→海苔はごはんを巻いたりなど、包むことはあるが、逆のパターンはない。 その時、肉巻きを食べたいと思って肉と海苔を巻いてみました。 1重では海苔も見えずボリューム感にかけたので、2重にしてミルフィーユ風にしてみました。また、今回の肉巻きはメインではなく副菜で考えました。
Q2、苦労した点は何ですか?
→今回のテーマは30分以内にできて簡単な料理というものだったので、 本当はにんじんや他の野菜も入れたかったが簡単にできるようにアスパラのみにしました。
Q3、工夫した点は何ですか?
→…缶N舛六箸辰討らず、海苔を生かすようにしました。 また、マヨネーズ、ドレッシング、ケチャップなどそれぞれの好みに合わせて食べられるように考えました。 ▲▲好僖蕕鱶Г任董肉に巻くことで火が通るのも早く、焼く時間も短縮できます。

1豚肉を広げ、豚肉、海苔、豚肉、海苔の順に重ねて置いておく。
2鍋に水と塩を入れ、沸騰したら4等分にしたアスパラガスを入れ、少しかたいくらいまで塩茹でする。冷水にさらす。
31で置いておいたアスパラをくるくると巻き、フライパンにオリーブオイルをひき、巻き終わりから表面がカリッとなるまで焼く。
4酒を入れ、弱火〜中火にして、中までしっかりと火を通す。このときにふたをする。
5半分に切り、断面を表に並べ、お好みでマヨネーズやごまドレッシングを添える。
所要時間:30分以内

使用海苔はコチラ

株式会社大森屋×武庫川女子大学コラボレシピ開発コンテストの軌跡

・デコポン 1/4個
・あんこ 20g
・おもち 1個(四角餅)
・のり 1/2枚

Q1、なぜこのレシピを考えましたか?
→海苔とフルーツを食べることがないので、どうしたら食べられるのかを考えました。
Q2、苦労した点は何ですか?
→フルーツをどういったものにするのか?
Q3、工夫した点は何ですか?
→フルーツを柑橘類に決め、何にするのかを迷いました。 また、他のフルーツも試しましたが、高級感のあるデコポンにしました。 デコポンを選ぶ時に、皮のむきやすさや旬も考えました。

1デコポンの皮をむき、身をはぎとる。
2お餅をオーブントースターで4分焼く。
3焼いたお餅を横から包丁を入れて2枚に切る。そこにあんこをのばす。
4あんこの上にデコポンをのせ、1/4カットしたのりを2枚使い、巻けば完成!
所要時間:30分以内

使用海苔はコチラ

株式会社大森屋×武庫川女子大学コラボレシピ開発コンテストの軌跡

・カニカマ 1本             ・枝豆 8コ
・かいわれ大根 適量      ・あて海苔ビーフジャーキー 2枚
・とろけるチーズ1/3枚  ・ライスペーパー 1枚
〜アボカドソース〜
・アボカド 1/4コ          ・マヨネーズ 小さじ1と1/2
・わさび 小さじ1/4       ・あて海苔ビーフジャーキー 2枚
・しょうゆ 小さじ1/4

カニカマやえだ豆を入れることにより、見た目が鮮やかになり、食感のアクセントにもなります。 アボカドとマヨネーズベースのソースに、わさびしょうゆを加えることで、ビーフジャーキーの海苔をきわだたせ、海苔のうまみが感じられます。

1ライスパーパーをぬるま湯につけておく。
2ライスペーパーにカニカマ、枝豆、かいわれ大根、のり、とろけるチーズをのせ、アボカドソースをかけ、きつく巻いていく。
3斜めに切って、皿に盛りつける。
所要時間:30分以内

使用海苔はコチラ

準優秀賞 武澤 翔賀さん 宗本 侑子さん 藤田 麻衣さん 西口 郁帆さん

・冷凍パイシート 1枚(160g)
・あて海苔ブラックペッパー 8枚
・あて海苔あさりバター 4枚
・とろけるチーズ 2枚(36g)

簡単にのりのおやつが出来ます! 牛乳が飲めない子にもチーズでCaを補給。 子供用のおやつや、パーティーなどで簡単に作れ、自宅でのお酒を飲む時のあてにひと工夫したものとして出すことができます。

1常温に戻しておいたパイシートを切る。
2パイシート(大きさ1/8)にあて海苔ブラックペッパーをのせ、その上にチーズ1/4枚をのせ、さらにあて海苔ブラックペッパーをのせて巻く。
3パイシート(大きさ1/4)にあて海苔あさりバターをのせ、その上にチーズ1/2枚を半分に折ってのせる。その上にあて海苔あさりバターをのせて折りたたむ。
4オーブン220℃で約10分焼く。
所要時間:30分以内

使用海苔はコチラ

準優秀賞 武澤 翔賀さん 宗本 侑子さん 藤田 麻衣さん 西口 郁帆さん

・たまご 1コ                ・牛乳 50ml
・とろけるチーズ 1枚    ・かにかまぼこ棒状 3つ
・食パン 1枚                ・のり 1枚
・マヨネーズ 6g           ・バター 2g

のりで巻いていることで、手が汚れず、中のチーズが外に出てくる心配もありません!子供のおやつ、朝ごはんにピッタリ! オーブントースターで焼くので中のチーズがとろーりおいしい!

1たまごと牛乳をとき混ぜて卵液をつくり、その卵液に食パンを30分つけておく。(15分たったら裏返す)
21でつけておいた食パンをバターで焼き、フレンチトーストをつくってお皿にうつし、少し冷ましておく。
3のりの上に2をのせ、かにかまぼこをのせ、マヨネーズをかけて、とろけるチーズをのせておにぎらずをつくる。
43をオーブントースターで3分ほど焼いたらできあがり!
所要時間:30分以内

使用海苔はコチラ

ページTOPに戻る